All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.27 (Thu)

子どもたちって…

今日は仕事中にすごく楽しい…というか、気持ちの良いことがあったので、その話。

4時ごろかな、外で遊ぶことになりました。
1年生から3年生まで元気な子どもたちはそれぞれ好きな遊びをしてました。

その中の男の子たちのサッカー大好き集団、今日は研究会で授業が早く終わっていたから高学年の子たちも学校に遊びに来ていたから、サッカーゴールが思うように使えそうになかったんですよね。
で、最初はゴールなしで、ボールを追いかけていたんだけど、遊びに来ていた子の中にサッカーのクラブに入っている子がいて、ウチのクラスの子と顔見知りだったようで、いつしか一緒に1つのゴールを使っていました。
その時のこと。
3年生と6年生の子が一緒に遊んでくれてたんだけど、その子たちが本当は邪魔なはずのウチの子どもたちを、全然邪魔者扱いせず、しかも相手がドタバタの1年生もいるから、危なくないように気を遣いながら、ヘタな子にも「お前にパスまわしたんで~」と、次はシュート打てよって感じの優しい笑顔で声をかけたり、1年生に聞こえないように「シュートさせてやろうや」とパスをまわしたり、キーパーもとれるはずの球を、「取れなかった…」って感じで1年生の喜ぶ姿を見て、一緒に喜んでくれたり。
それが、全然嫌味じゃなくて、見ていて気持ちがいいくらい自然に「みんなで楽しもうぜ!」って感じで。
ボールを追いかけていて転んだ1年生をスッと手を伸ばして起こしてくれたり、シュートが入らなかったら、「惜しい!」って声をかけてくれたり。
だから、転んでも1年生は泣かなかった。
「走るのが遅いって言われた…」「おでこにボールが当たった」と、サッカーを始めたばっかりの時に泣いて来た子も、その子たちと遊び始めたら、追いつけなくても、こけそうになっても、一生懸命走っていた。
すごく走り回って、6年生にも向かって行ってた子には「サッカーに入ってこいよ~」と声をかけていた。
サッカークラブに入っている子に聞くと、どの子も、本当はとっても上手な子らしい。
こうやって、子どもたちの世界で、子どもたちって大きくなって欲しいなと、思った。
手加減することができるくらい、その子たちは自分の力をわかっているってことだと思う。
すごく良い子たちに会うことができて、うれしかった。
帰る前、「ありがとうね」と、お礼を言ったら「はい」…だったか、笑顔で答えて、今度は本気モードでサッカーを始めてました。
ウチのサッカー大好きな男の子たち、みんな満足そうでした。
その笑顔を見るのが、私たちのエネルギーになるんだよね。きっと。

…それに比べて…。
「ケンカをしたら部屋に入ってもらうからね」と約束して外に出たのに、3年生の女の子たちはものの5分くらいで部屋へと強制送還。そんな約束、本当はしたくないんだけど、いつもケンカしてグループが分裂。
どっちもの言い分を聞くんだけど、どっちも譲らないし、話を聞いているのに、その横からまた「だって~」と自分たちのせいじゃないって主張をしようとする。
何のために外に出るのか、仲良く遊びたいのか?って聞きたくなる。
…いつもそんなことの繰り返し。
女の子って難しい。
スポンサーサイト
23:20  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.10 (Thu)

祝!自転車通勤♪Go Go!ハムスター号

昨日のこと。
なんとなく風は秋の風っぽいし、気温もちょっといつもよりは低めでした。
そして、なんといってもウチの車は父さんが乗っていってしまったので、通勤手段がバスか自転車になってしまいました。
で、今までは暑かったので迷わずバスを選んでいたのですが、今回初めて自転車での通勤にチャレンジしてみました。
自転車といっても、折りたたみ自転車ですからね~。
回転の割には進まないという、ハムスターの気分が存分に味わえるタイプの自転車です。
ウチから職場まで約8キロくらいらしいです。
ちなみに、私の勤務時間は午後1時からなので、出発は一番暑いと思われる時間帯…。
下見も何もなく出発して、太田川の川土手を気持ちよく走った後、今度はアストラムライン沿いの道まで出て、約2駅分ほど走ります。
…書くとすぐなのになぁ。
所要時間が行きが35分、帰りは道を変えてみて30分くらいかな。
なんたって怖かったのが、帰りの道。
ライトが暗すぎて全然見えない。
人が目の前にくるまで気がつかなかったり。川土手も怖くて縁石側ばっかり走っていました。
ライト、変えなきゃ。
後は仕方ないことだけど、ママチャリにサンダル履きのおねえさんにかる~く抜かされるのが悔しかったなぁ。
なんたってハムスター号だから(泣)。

これからは自転車にはいい季節なので、乗れる時には乗っていこうかな~と考えています。
あ、でも慣れてないから職場に着いてもしばらくは足がガクガクで使いモノにはなりませんが。

最近、自転車に乗り始めた人って多いと思うので、どこか「このサイクリングロードはおすすめ!」っていう場所を集めたガイドブックを出版しないかな~。絶対売れると思うんだけどね。
22:53  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.10 (Thu)

その後の話

夏も終わったかのような朝晩の涼しさ…。でも、相変わらず昼間は暑いので仕事は過酷です(泣)。

その後、すずの話ですがなんとか落ち着きました。
ようやく「今日はどうだったの?」と聞く日々から解放された感じです。
学校の対応が思った以上に早く、担任の先生と顧問の先生がしっかり関わってくださったおかげで今は夏休み前の状態に戻ったようです。
周りの子たちも、中心になってやっていた子も「こんなになるなんて思わなかった」って、最初は軽い気持ちだったみたいですね。
ご両親もすごく大切に育てられ、そういう「仲間外れにする」とかいうことが絶対に許されないと思われていらっしゃる曲がったことが嫌いな感じの方だったので、「まさかうちの子が?」って感じだったみたいですが、本人が認めたこともあってかなり厳しく指導された様子で…。
今は普通に話もするし、同じクラスなのでそこでも話はしているみたいですが。

私もその子とは話をしました。
「今度は一緒にコンクールやマーチングに出ようね。」って。

まだまだいろんなことがあるんだろうけど、全部自分の糧になること。
頑張ってほしいなぁと思います。

最近。
「来年はコンクールに出れるといいね」とか「マーチングに出れるといいね」と言うと必ず「いや、絶対でるんじゃけ」と言い返してくるようになりました。
少しはやる気になったか。遅いけど。
11:37  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.20 (Thu)

真夏の家庭訪問

今日も面白くも楽しくもない、すずの話ですが…。

昨日、顧問の一人の先生にお話しさせてもらって、「様子を見させてください」ってことだったんだけど、もう一人、報告しておかなきゃいけないのかなぁ…と思っていた人がいました。
担任の先生。
なんたって、今回の問題の中心人物は同じクラスの一番仲良しだった子だから。
席だって前後に座っているらしいし。
先日の登校日には話ができなかったらしいし。

で、今日電話で話した。
今までのことを話し、これからのことを相談し…。
「吹奏楽の先生たちとも話して、その子とも話してみるので…」ということで、一旦話は終わった。

しばらくして、電話がかかった。
すずに会いたいと。
「会って話をしたいんですが、無理でしょうか?」と。
どうやら、これは簡単な仲間外れじゃないと判断されたらしい(本当にそうだものね)。
学年主任をはじめ、学年だけ、部活だけでなく学校全体で取り組まなければいけないことだと言われた…そんなに大げさにしなくても…とも思ったが。
それにはそれなりの理由もありそうだった。

相手が悪いみたい…。

教員には守秘義務があるから、肝心なことは絶対に話してもらえないけど、空気でわかるっていうか、言葉の中にちょっと気になることがあった。

で、夏休みのだらけきった状態の我が家に先生が来られることに。
慌てて片づけたり(←隠したりともいう)して、先生の来られるのを待ち、1時間くらいお互いに思ったことを話した。
…やっぱり相手が読めない。
だから近いうちに、その子と話をすると。
もう、先生に任せるか…とりあえず、自分は動けない状態なんだし。

でも、これだけは言わせてもらいました。
もし、先生が話してもダメで、今より状態が悪くなるようなことがあったら、絶対に私はその子を許すことはできないので、教頭先生や校長先生、教育委員会にもっていってでも話をしますので…って。
もちろん、相手の親には連絡させてもらいます…ということで。

だって、すずを守らなきゃ。親なんだから。

でも、先生に相談するたびに思うのが、先生によって相談した時の態度っていうのか「温度差」みたいなものが違うんですよね。
先生といっても人間ですから、想いはそれぞれ違うんですよね。仕方がないことですが…。
「じゃあ、みておけばいいんですね?」って言った先生が一人。
昨日電話した顧問の先生のうちの一人で、つながらなかったのでそのままにしていたら、いつの間にかかけなおしてくださったのが履歴に残っていたのでかけたのですが。かけるんじゃなかった。
…お願いしますとはいったものの、心の中ではもういいです…って思いました。
「気をつけて見ておきます」って合宿の時に言ったのはその先生だったのにな。…見てなかったのは知ってましたが。
がっかりです。

なんだか、こんな思いまでしてこの学校に通う意味はあるんだろうか?という思いが頭をよぎるときがあります…。


18:18  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.20 (Thu)

想いは揺れる…

この夏休み、ウチのみんな(涼は微妙かな…)は本当にすずの部活の問題で振り回された気がします。
どうにかしたいのに、どうにもならない本人と、
それを見ていることしかできない家族と。
しまいには、あまりの進展のなさにイライラして悪くもないはずのすずにきつく当たってしまうという悪循環。
とうとうすずも何があったのか話さなく(話せなく)なってしまいました。

…でも、これでいいはずがなく、
ほっておけるわけもなく、

仕事に行く前にすずに送ったメールの返信に「なんとかして!」と、今までになかった言葉を見つけたので、限界かな…と感じた母は、これまでの「母ネットワーク」だけでなく、真正面から動く覚悟を決めました。
が、何といっても時期が悪い。
コンクールの直前。
顧問の先生に言ったところで聞いてもらえるはずもない。
担任は今日も休み。
でも、吹奏楽部には顧問が3人いるんですね。
メインの顧問は男の先生で、一度合宿の時に相談させていただいたけど、ちょっとわかってもらうのは難しい先生だと感じたのでパス。
「見ておきますから」と言ってくださったけど、実際見てもらってなかった女の先生には連絡がつかず、もう一人、合宿の時にも一番に動いてくださって、すずも泣きながら話をした先生に連絡がついた。
その先生が今回もすぐに動いてくださって、同じパートの子を個別に呼んで話を聞いてくださった。
結果。
先生から連絡をいただいた。
そんなにすぐに解決するとは思っていないんだけど、また子どもたちのいろいろな面が見えてきた。
合宿の時のすずに対する他の子の態度は、本当に良くなかったらしい。(見たもんね、確かに)
それを認めて、「一緒になって、そんな態度をとって悪かったと思っている」と泣いてくれた子もいたらしい。先生にそれを教えてもらって、ああ、良かった。こんな子が近くにいてくれるんだと安心した。
すずもどうしてその子が泣いて帰ってきたのかがわからなかったみたいだけど、理由を話すと泣いていた。
他の子も、何かしら今の状態が良いとは思っていないことがわかったのだけど…。
一人だけ違った。
そう、すずを仲間外れにした張本人。
先生が「自分がその立場だったらどう?」と聞いても「さあ…?」「別に何か?」って態度らしい。はっきりと何もしゃべらなかったそうだ。ぜんぶ首を傾けたり、横に振ったり…。
その話を聞いて、一言「ダメですね。その子」って思わず言ってしまいました。

職場でその電話を受けたんだけど、先生は多分、私がそんな話を大勢の子どもたちのそばで聞いていることを知らないと思う。
毎日、「○○ちゃんが無視した~!」「○○ちゃんがこう言った~!」と訴えてくる子たちと話をして気持ちをつなぐのが私の仕事だということを。
だから、先生の言葉を聞いた途端に「育ってないね、その子」って思ってしまったんだよね。

身体は大きくなり、頭も良い子かもしれない。
3年生に姉がいるから、部の中でも居心地の良い環境にはあるらしい。(←これはみんな言っていた。でももうすぐ3年は引退。それからはその子次第で立場が逆転することもあるらしい…おそろしい世界だよ、まったく…)
写真で見ても、スラッとして良い子にしか見えない。
3歳からピアノを習い、日本舞踊も習っているらしい。お金持ちのお嬢様なのかもしれない。
…でも、それが何になるの?
人間として最低のことをしていることにすら気がつかない子なんて、ほんと最低。
いや、本当は気がついているのかも知れない。
でも、気がつくということは、自分の間違いを認めるということ。
それを自分のプライドが許さないのかもしれない。そんなプライドならいらない。
何も言わなかったんじゃなくて、何も言えなかったんじゃないかとも思う。
…っていろいろ考えるんだけど、これって毎日私の目の前で起こっていることから学んだこと。
幼稚園だったり、小学校だったり。
「ごめんなさい」が心から言えない子が本当に多い。
人の心に寄り添うことができない子の、なんて多いことか。
そんな子に限って、その親にも「おたくのお子さんは…」と言いたいけど言えないことがたくさんある。

私も決して正しい子育てをしてきてるとは思っていない。
大体、正しい子育てって何が正しいのかわからない。
でも、今回の件ですずに言ったのは親として言うべきことじゃないかもしれないけど
「その子はそういう子。そう思って付き合いなさい。無理に付き合う必要もなし。」ってことと、
「今にきっと、その子はいたい想いをすることになると思うよ。自分がしたことはきっと自分に返ってくるんだから。」ってこと。

今回のことは部活のことだけじゃなくて、学校に行く行かないに関わることだから先生も相談して、きちんと対応しますからと最後に言われた。
「私は向こうの親とお話したいんですけど」と言ったけど、怒鳴りこむとでも思われたのかな、「お気持ちはわかりますが、少し時間をくださいませんか?」と言われた。

明日と明後日は部活はお休み。
ちょっと気分転換にはなるかもしれない。
明後日はコンクールの中国大会の日。
来年か再来年、その舞台にすずがいることを願いつつ、家で応援しています。

…でも母はもう疲れた。本当に心が折れてしまいそうな毎日です…。
すずは私たちが癒してやろうとするけど、私はただ戦うばかり…。そんなに強くないので、頭痛薬と胃薬と、安定剤のお世話になってばかりです。
これで倒れたら、このブログをプリントアウトしてその子の親に渡してもらうか…。
02:01  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。