All archives    Admin

07月≪ 2009年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.20 (Thu)

真夏の家庭訪問

今日も面白くも楽しくもない、すずの話ですが…。

昨日、顧問の一人の先生にお話しさせてもらって、「様子を見させてください」ってことだったんだけど、もう一人、報告しておかなきゃいけないのかなぁ…と思っていた人がいました。
担任の先生。
なんたって、今回の問題の中心人物は同じクラスの一番仲良しだった子だから。
席だって前後に座っているらしいし。
先日の登校日には話ができなかったらしいし。

で、今日電話で話した。
今までのことを話し、これからのことを相談し…。
「吹奏楽の先生たちとも話して、その子とも話してみるので…」ということで、一旦話は終わった。

しばらくして、電話がかかった。
すずに会いたいと。
「会って話をしたいんですが、無理でしょうか?」と。
どうやら、これは簡単な仲間外れじゃないと判断されたらしい(本当にそうだものね)。
学年主任をはじめ、学年だけ、部活だけでなく学校全体で取り組まなければいけないことだと言われた…そんなに大げさにしなくても…とも思ったが。
それにはそれなりの理由もありそうだった。

相手が悪いみたい…。

教員には守秘義務があるから、肝心なことは絶対に話してもらえないけど、空気でわかるっていうか、言葉の中にちょっと気になることがあった。

で、夏休みのだらけきった状態の我が家に先生が来られることに。
慌てて片づけたり(←隠したりともいう)して、先生の来られるのを待ち、1時間くらいお互いに思ったことを話した。
…やっぱり相手が読めない。
だから近いうちに、その子と話をすると。
もう、先生に任せるか…とりあえず、自分は動けない状態なんだし。

でも、これだけは言わせてもらいました。
もし、先生が話してもダメで、今より状態が悪くなるようなことがあったら、絶対に私はその子を許すことはできないので、教頭先生や校長先生、教育委員会にもっていってでも話をしますので…って。
もちろん、相手の親には連絡させてもらいます…ということで。

だって、すずを守らなきゃ。親なんだから。

でも、先生に相談するたびに思うのが、先生によって相談した時の態度っていうのか「温度差」みたいなものが違うんですよね。
先生といっても人間ですから、想いはそれぞれ違うんですよね。仕方がないことですが…。
「じゃあ、みておけばいいんですね?」って言った先生が一人。
昨日電話した顧問の先生のうちの一人で、つながらなかったのでそのままにしていたら、いつの間にかかけなおしてくださったのが履歴に残っていたのでかけたのですが。かけるんじゃなかった。
…お願いしますとはいったものの、心の中ではもういいです…って思いました。
「気をつけて見ておきます」って合宿の時に言ったのはその先生だったのにな。…見てなかったのは知ってましたが。
がっかりです。

なんだか、こんな思いまでしてこの学校に通う意味はあるんだろうか?という思いが頭をよぎるときがあります…。


スポンサーサイト
18:18  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.20 (Thu)

想いは揺れる…

この夏休み、ウチのみんな(涼は微妙かな…)は本当にすずの部活の問題で振り回された気がします。
どうにかしたいのに、どうにもならない本人と、
それを見ていることしかできない家族と。
しまいには、あまりの進展のなさにイライラして悪くもないはずのすずにきつく当たってしまうという悪循環。
とうとうすずも何があったのか話さなく(話せなく)なってしまいました。

…でも、これでいいはずがなく、
ほっておけるわけもなく、

仕事に行く前にすずに送ったメールの返信に「なんとかして!」と、今までになかった言葉を見つけたので、限界かな…と感じた母は、これまでの「母ネットワーク」だけでなく、真正面から動く覚悟を決めました。
が、何といっても時期が悪い。
コンクールの直前。
顧問の先生に言ったところで聞いてもらえるはずもない。
担任は今日も休み。
でも、吹奏楽部には顧問が3人いるんですね。
メインの顧問は男の先生で、一度合宿の時に相談させていただいたけど、ちょっとわかってもらうのは難しい先生だと感じたのでパス。
「見ておきますから」と言ってくださったけど、実際見てもらってなかった女の先生には連絡がつかず、もう一人、合宿の時にも一番に動いてくださって、すずも泣きながら話をした先生に連絡がついた。
その先生が今回もすぐに動いてくださって、同じパートの子を個別に呼んで話を聞いてくださった。
結果。
先生から連絡をいただいた。
そんなにすぐに解決するとは思っていないんだけど、また子どもたちのいろいろな面が見えてきた。
合宿の時のすずに対する他の子の態度は、本当に良くなかったらしい。(見たもんね、確かに)
それを認めて、「一緒になって、そんな態度をとって悪かったと思っている」と泣いてくれた子もいたらしい。先生にそれを教えてもらって、ああ、良かった。こんな子が近くにいてくれるんだと安心した。
すずもどうしてその子が泣いて帰ってきたのかがわからなかったみたいだけど、理由を話すと泣いていた。
他の子も、何かしら今の状態が良いとは思っていないことがわかったのだけど…。
一人だけ違った。
そう、すずを仲間外れにした張本人。
先生が「自分がその立場だったらどう?」と聞いても「さあ…?」「別に何か?」って態度らしい。はっきりと何もしゃべらなかったそうだ。ぜんぶ首を傾けたり、横に振ったり…。
その話を聞いて、一言「ダメですね。その子」って思わず言ってしまいました。

職場でその電話を受けたんだけど、先生は多分、私がそんな話を大勢の子どもたちのそばで聞いていることを知らないと思う。
毎日、「○○ちゃんが無視した~!」「○○ちゃんがこう言った~!」と訴えてくる子たちと話をして気持ちをつなぐのが私の仕事だということを。
だから、先生の言葉を聞いた途端に「育ってないね、その子」って思ってしまったんだよね。

身体は大きくなり、頭も良い子かもしれない。
3年生に姉がいるから、部の中でも居心地の良い環境にはあるらしい。(←これはみんな言っていた。でももうすぐ3年は引退。それからはその子次第で立場が逆転することもあるらしい…おそろしい世界だよ、まったく…)
写真で見ても、スラッとして良い子にしか見えない。
3歳からピアノを習い、日本舞踊も習っているらしい。お金持ちのお嬢様なのかもしれない。
…でも、それが何になるの?
人間として最低のことをしていることにすら気がつかない子なんて、ほんと最低。
いや、本当は気がついているのかも知れない。
でも、気がつくということは、自分の間違いを認めるということ。
それを自分のプライドが許さないのかもしれない。そんなプライドならいらない。
何も言わなかったんじゃなくて、何も言えなかったんじゃないかとも思う。
…っていろいろ考えるんだけど、これって毎日私の目の前で起こっていることから学んだこと。
幼稚園だったり、小学校だったり。
「ごめんなさい」が心から言えない子が本当に多い。
人の心に寄り添うことができない子の、なんて多いことか。
そんな子に限って、その親にも「おたくのお子さんは…」と言いたいけど言えないことがたくさんある。

私も決して正しい子育てをしてきてるとは思っていない。
大体、正しい子育てって何が正しいのかわからない。
でも、今回の件ですずに言ったのは親として言うべきことじゃないかもしれないけど
「その子はそういう子。そう思って付き合いなさい。無理に付き合う必要もなし。」ってことと、
「今にきっと、その子はいたい想いをすることになると思うよ。自分がしたことはきっと自分に返ってくるんだから。」ってこと。

今回のことは部活のことだけじゃなくて、学校に行く行かないに関わることだから先生も相談して、きちんと対応しますからと最後に言われた。
「私は向こうの親とお話したいんですけど」と言ったけど、怒鳴りこむとでも思われたのかな、「お気持ちはわかりますが、少し時間をくださいませんか?」と言われた。

明日と明後日は部活はお休み。
ちょっと気分転換にはなるかもしれない。
明後日はコンクールの中国大会の日。
来年か再来年、その舞台にすずがいることを願いつつ、家で応援しています。

…でも母はもう疲れた。本当に心が折れてしまいそうな毎日です…。
すずは私たちが癒してやろうとするけど、私はただ戦うばかり…。そんなに強くないので、頭痛薬と胃薬と、安定剤のお世話になってばかりです。
これで倒れたら、このブログをプリントアウトしてその子の親に渡してもらうか…。
02:01  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.13 (Thu)

コンクール♪

20090813223933
昨日はすずの通う中学校がコンクールで演奏しました。
なんたって、全部員で80名を超える大人数の部ですから、今回出るのはもちろん2,3年生。
手伝いで行った、夏の三瓶山での合宿では先生からのダメ出しの連続と、途中でストップをかけられてばかりで最後まで通して聞くことができませんでした。
昨日の演奏は、その時よりも格段成長した状態で、聞いていて感動しました。
「頑張ったんだね…」って。
その結果が今日発表されました。
「金賞・代表」の文字が!!
やったあ!! よかったね。
もちろん、すずは一年生なので出ていません。応援組ですが、すばらしい先輩に恵まれて良かったなあと思っています。来年はこの舞台に立てるといいね。
中国大会は山口であります。
応援に行きたいけど、仕事を休めないよね…。
どうしようかなぁ…。


ウチの受験生。
そう、涼は今年受験生なので、そろそろ部活も引退になります。
夏休みに入って、地区のブロック大会で個人戦に出たものの負けたらしく、個人ではもう試合は終わったのですが、団体戦で他の子が頑張ってくれているので市総体に団体で参加しました(←といっても、出番はなかったらしい)。団体戦も人数が揃わないと出られないので、試合に出る出ないは別にしても「なくてはならないメンバー」には変わりありません。
で、どうやらその結果、またまた仲間が頑張ったらしく涼情報では「3位」。
…ってことは県総体に出るの?
試合には出なくても、なかなか引退できないし、なかなかキツイ練習から解放されないようですね。
ま、家でダラダラされるよりはいいんですが。
「3年生になるころにはきっとビックリするくらい上達しますよ」と先生に言われたのが1年の時。ほんとにね、ビックリするくらい上達しなかったけど(たぶん先生もビックリだったと思う)、それでも一度も「辞める」とは言わなかったんだよね。
悔しいことも辛いこともいっぱいあっただろうに。
「疲れた」とも一度も言わなかったよ。ほんとに涼のその真面目で真っ直ぐなところには感心します。
引退したら、う~んと褒めてやろうって思っています。
22:39  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.08 (Sat)

もう1年…

20090808232909
ふと気が付けば、あれから1年。
右手の親指の手術をしたのが昨年のお盆過ぎだったなぁ。
その後、痛みはなくなったけど、同時に感覚もなくなった。
もう慣れたけど、不自由なこともまだまだある。
細かい作業が苦手になってしまった。
…仕方ないか…。

写真は夏スミレ。
暑い中、涼しげな顔して咲いている姿が好きです。
いろいろな思いを内にグッと秘めて、凛とした態度で臨める人はすごいな~と思います。
自分もそうなりたいけど、ダメ。
思いはグッと秘めたとしても、態度というか表情に思い切り出てしまうからね。

その後のすず。
毎日部活に行っています。
そんな彼女の毎日の話から、大体のカタチが見えてきました。
…誰が中心になってやっているのか。
母の予感的中。そんな気がしていたんだよね。
Aちゃんがいないときには和気あいあいと楽しく部活ができたのに、Aちゃんがいるとみんなよそよそしくなるんだって。わかりやすいなぁ。
そんな中、2人の子がそのAちゃんに反感を持っていることもわかり、すずとは普通に話すようになったらしい。
とりあえず、今のところ母の予想に近い展開にはなってきているんだけどね。すずにとって良い方向で。
…このことを考え出すと胃が痛くなるくらい心配なので、ちょっとでも好転してるようだと私は楽になるんだけど、相変わらずそのあたりの母の気持ちが読めないのが父さん。
合宿の時の様子を見てたら、絶対にそんな感じではいられないと思うよ。
なんとかできないか、でもどうすることもできないから母は悩んでいるんだけどね…。
ちょっとでも安心したいのに「まだどうなるかわからん。安心できん」って言われると、じゃどうすればいいのよ。すずはちゃんとやってるのに…と言いたくなるんだよね。

「様子をみておきます」と言った先生はコンクールの練習で忙しいらしく、全然姿をみせないらしい。
さて、母はどこまでこの問題に介入したらいいのか…。
本当は、Aちゃんちに電話してでも抗議したいところだけど。いや、本人に会ってしっかり話しておきたいところだけど。無理なんだろうな~。
部活での様子が夏休み中に改善されなかったら、とりあえず担任に夏休み明けに報告するかなぁ。
毎日のことだから、そのままにして様子をみておくというのも、すずの気持ちを考えるとかわいそうなんだよね。
これって過保護なのかな…。

毎日仕事で会ってる子たちの中でも、同じようなことが起きてたり、ケンカの仲裁も仕事の一つだから、余計に「なんとかならないのかな」と考えてしまうのかもね。
…でも小学生レベルのことを平気でする子っていうのもどうかと思うんだけどね~。
大人に余裕がなくなってきているからか、子どもたちの心がすごく荒れてきているような気がします。
Aちゃんも含めて、この子たち、どんな大人になるのかな…。
23:29  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.04 (Tue)

おめでとう!おつかれさま。

20090804100053
3日は父さんの誕生日。
ケーキはいらないと言っていたけど、ちょうどすずが合宿から帰って来る日だったので、ちょっと元気付けに合わせて買ってきました。

すずの合宿は4泊5日。
日程表を見ても、こりゃ金管楽器のみなさんは大変だろうなあ…っていうくらい練習漬けの毎日。
バドミントンをやってる涼の練習も酷だと思うことがあったけど、こっちのほうがもっと大変そう。
おまけに、一緒に頑張っている部活の仲間を私は一人も知らず、ましてや保護者のつながりなんて全くなし。仕方がないよね、一人で離れた中学校に通っているんだもの。
でも、好きなこと、やりたいことがあるから通っているんだから応援したくて、部活の時の様子が見たくて合宿の日程に合わせて一日仕事を休み、手伝いに泊まりがけでいってきました。
…行ってよかったよ。
そこには母の予想を大きく覆すことが待っていたんだよね。
行ったものの、なかなかすずには会えず、やっと会ったときにピンときた。
「何かあったな」
笑っていない。表情がいつもと違う。
食事のときに確信した。
友達と一緒に食べてはいるんだけど、2人。
「ちゃんと食べてる?」とさりげなく聞いてみたときに、一緒にいた友達を紹介してくれた。
「友達なんだ。オーボエの…」って。
…あなたはクラリネットじゃなかったの?
別に他の楽器の子と一緒にご飯を食べてはいけないってわけじゃない。
ちょっとはなれたところに楽しそうに食事をしている5人の子を発見。…クラリネットの子たちじゃん。
母はその後も、黙って見ていたのだが2日目にたまたま講師の先生に呼ばれて、すずと話す機会ができた。
講師の先生の用事は、すずに「リードを買ってもいいか」と自分で親に許可を貰いなさいってことだったんだけど、そのときに聞いてみた。
「クラリネットの一年生は何人?」
「…6人」
やっぱりね。回りくどく言うのも嫌なのではっきり聞いてみた。
「ね、仲間外れにされてるでしょ?」
…泣いた。
合宿前から原因はわからないけど急に5対1になったらしい。
逃げ場のないずっと一緒にいなきゃいけない合宿で辛かっただろう。
「いいから泣きなさい」
しばらく泣かせた。
「帰る?母さんはもう今日帰るよ」
そういっても「帰らない」という。

その後、ちょっと落ち着いたところで練習に戻っていったすず。
母はこのままにしておいていいのか?と悩みながら、
たまたま一人でいらっしゃった顧問の先生に会ったので状況を話した。
…コンクール前の顧問の先生に話すのが間違いだったね。
「気をつけておきます。」とはおっしゃったけど、それには理由があるはずと言われた。
すずにも問題があるのではと。
全くないとは思わないけど、これって認識の違いだよね。
はい、1対5でいる時点で「いじめ」と認識されてもしかたありません。
「いじめ」はどんな理由があっても許されるものではないと、教職員研修で聞かれませんでしたか?先生。私は臨時の教員でしたが、それでも常にこのことは頭においていますよ。
吹奏楽って、音を合わせるだけでいいのでしょうか?
いい音が出せれば、技術が他に勝っていればいいのでしょうか?
私は心が合ってないと、心が穏やかでないと人を感動させる音楽は奏でられないと思っています。

確かに、ウチの子は他の子のようにテキパキ動くタイプではないし、あいさつの声も小さくてはっきりしない子ですが。

迎えに行ったときにも、あれこれ話してたら車の中で泣いてましたが、それでもこの中学の吹奏楽部で頑張るんだそうです。

一緒に泊まりで子どもの世話をした保護者のみなさんや、たまたま次の日のお手伝いで来られていた同じクラリネットの一年生の子のお母さん、引率で来られていた女の先生にはご心配をおかけしました。
一人じゃないんだよ。応援してる人が周りに何人もいるんだよということを支えに、頑張ってほしいです。



ここからは別話
…母はいつも父さんが「本当にすずはあの学校に行きたかったんか?」と言うたびにすごく傷ついています。
すずがこの学校に行くきっかけをつくったのは私かもしれないから。
小学校の時の友達と仲良くしてる姿をみると、これでよかったのかな…この子たちと楽しく演奏してたほうがすずにはよかったんじゃないかな…と私だって悩んでいるんです。

何気なく言っているみたいなんだけど、その辺の気持ちが読めない父さんはキライです。
10:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.01 (Sat)

すずの合宿

20090801164331
すごい霧です。
外で練習してる子たちも楽器が濡れるので避難してきてます。
広い敷地のいたるところで、朝は9時前から夜も9時半まで練習してます。
多分、一緒になった団体の皆さんにはご迷惑おかけしてるはずです。
そのためにももうすぐあるコンクールには入賞して、もっと上に行ってもらいたいです。
…肝心のすずですが、友達といろいろあったらしく、全然合宿に身が入ってません。
…母は手伝いに来て良かったよ…
あまりに目に余るし、逃げ場もない状況なので先生のお力を借りることにしました。
あとは本人がどこまで頑張るかだな。
すごく立派な講師の先生にも見ていただいて、内容の濃い合宿だと思います。
こんな機会に恵まれるのが幸せだと、いつか気づくかな。
16:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。